医療法人八甲会 潮田病院は生活の質(Quolity Of Life)を重視した医療・ケアを提供いたします

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

潮田病院

お電話でのお問い合わせ 0746-32-3381(代)

奈良県吉野郡吉野町上市2135 

本文のエリアです。

リハビリテーションのご案内

リハビリテーション科のスタッフ

 

理学療法

☆ 運動療法とは

硬くなった関節を柔軟にする運動、筋力を強くする運動、起立訓練、歩行訓練等を指します。

  • 関節可動域訓練
  • 筋力増強訓練
  • 基本動作訓練
  • 歩行訓練
  • 階段昇降訓練
  • 床上動作訓練   など

☆ 物理療法とは

腰痛・肩こり・膝の痛み等のある方に対して、温熱や電気等の作用を用いて痛みを緩和したり、循環の改善やリラクゼーションの目的で実施する療法を指します。

  • ホットパック
  • マイクロウェーブ
  • 低周波療法
  • 頚椎、腰椎牽引療法   など
     

言語聴覚療法

言葉や聞こえなどのコミュニケーションの問題(失語症・構音障害)や食べ物の飲み込みに問題(嚥下障害)を抱える方々に対して必要な検査・評価を行い、言 語能力と嚥下能力が最大限に回復し、充実した日常生活を送っていただくことを目標として、それぞれの方々に合わせた指導・訓練を行います。
また、コミュニケーション障害や嚥下障害の患者様やご家族様に対して障害についての正しい知識と効果的な方法を指導する事で、それぞれの精神的な負担の軽減を図り生活の質を高めることも目標としています。

 

VE(嚥下内視鏡検査)・VF(嚥下造影検査)

 

VE(嚥下内視鏡検査)とはどういうもの?

摂食嚥下障害の検査には特殊な機器を使用する検査方法と使用しない検査方法があります。この検査では、【写真1】のような鼻咽喉ファイバー(軟性鏡)を用います。鼻からこの細い観察用の管を挿入した状態で、食べ物や飲み物を摂取し、嚥下(飲み込み)の観察・評価をする方法です。

 【写真1】鼻咽喉ファイバー

直径約3.5ミリ、長さ約30cmの軟性鏡

 

 

 【検査画像】

VF(嚥下造影検査)とはどういうもの?

 

☆平成27年・28年度 実績100件以上

ミーティング

毎日、理学療法士、言語聴覚士が集まり、患者様ごとに治療の進め方等について意見交換を行っています。患者様に関わるスタッフ全員が、患者様ごとの治療目的を共有する事で、より効果的なリハビリテーションが提供できるよう努めています。

カンファレンス

 常時、関連スタッフが連絡を取り合い、入院されている患者様についてカンファレスを実施しています。患者様の介護・医療的処置の内容、栄養状態、身体活動能力、病棟での生活の様子などの情報交換を行い、今後どのようにケアしていくか話し合いを行います。

ページトップへ戻る